06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. » 08

「木づかい 森づくり」

堀川林業ブログ

スポンサーサイト 

Posted on --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  |  -- trackback  |  -- comment | edit

△page top

空沼小屋 

Posted on 00:17:29

P7300246.jpg
北大の空沼(ソラヌマ)小屋は昭和の初期に故秩父宮様が建てられた。その後、北大が管理するようになり、私も学生時代から何度も通って山に登ったり、卒業してからも薪納品など親しみのある山小屋。札幌市南区の常盤から登山で2時間弱。万計沼という美しい沼の脇に建つ。
IMG_06102490.jpg
今回基礎が危うくなって大学から管理を任せれている山岳部のOB会である北大山の会が保存会をつくり寄付を集め、北大フロンティア基金に寄贈し、その金で大学が伊藤組土建に発注し昨年完了。といっても基礎部分とバイオトイレだけで多額の金がかかり外壁や内部には手が回らず、保存会=山の会が手作りで手直しを行っている。
IMG_06102493.jpg
床は当社の無垢のナラフローリングを張ることになり、優秀な大澤君という若い大工を連れ1泊2日で張り終えてきた。さすがにプロの仕事は早く、我々の3倍ものスピードで全部で畳で20枚位の半分以上を張ってくれた。我々素人の頭数は4~5人だったが張ったのは畳5枚位だろうか。私も以前別の山小屋での経験はあったが、苦労しながらも木の匂いを嗅ぎながら、楽しい汗を流せた。
P6090026.jpg
下塗りのワックスを塗ると、ナラの木目が引き立って良い色合いになった。まだまだ仕上げまで仕事が残るが7/2のお披露目に間に合わせなくてはいけない。次は仕上げワックスとコーナーの隅木の設置、木看板の揮毫と据え付けなどが私の仕事。今晩も私は不参加だが皆は外壁塗りや階段、窓などの補修に取り組んでいる。設計したのがスイス人という事からスイス大使もこられるというので大事になっている。
スポンサーサイト

△page top

ようやく春が 

Posted on 01:25:12

連休になってコブシ、そしてヤマザクラが咲いた。今年は花芽が一杯ついて見事。連休後半も20℃を越える暖かい日が多く一斉に春が来た感じ。
P5070005.jpg 

この赤い実のような花はハウチワカエデ
P5070016.jpg

エンレイソウ
P5070008.jpg

一緒に咲いたオオバナノエンレイソウ。北大の徽章にもなっている。
P5070006.jpg
 
一番上の写真のサクラの幹で10年程前に家側に倒れかかってきた大枝を切った跡。だいぶ樹皮が巻き込んだが全部覆ってくれるのはまだまだ時間がかかりそう。もっと枝の細い早いうちに切るべきで、こういう所から菌が入って枯れるのだが、小口に墨汁を塗っただけだが、枯れずに花を咲かせてくれている。
P5070010.jpg

ついでに3年前エゾシカに齧られたカツラの幹。だいぶ樹皮が巻き込んでくれている。
P5070011.jpg

先月載せた下の画像と同じ地点。雪解けの木の芽や葉より先に地面は既に賑やか。エゾエンゴサクはほとんど散りかけてアズマイチゲの白い花が終わりかけ。
P5070009.jpg

  |  0 trackback  |  0 comment |  edit

△page top

雪解け 

Posted on 12:26:24

去年より3割以上雪が少なく3月末から急速に雪がとけだした感じ。ようやく裏の木の周りの雪も消えてきて福寿草が咲き出す。昨年4/16の消雪模様と同じになった。ということは10日程昨年より早いことになる。
IMG_3409.jpg

下が昨年の4/16撮影。累積降雪量は今冬が7.72m。昨年が11.70m、1昨年が7.14mなので2年前と似ている。
P4160312.jpg


  |  0 trackback  |  0 comment |  edit

△page top

木の看板 

Posted on 23:15:08

看板の注文依頼受けたので、耳付きセンの木の厚板を工場でプレーナーをかけ、オスモカラーのワックスを塗ってから字を書いた。製材工場に残っている板を今後、店の看板用にとPRしようと思っていた矢先だったので頑張ってみた。
IMAG0889.jpg
書いた字を薄い板でジグソーで切り抜き浮き彫りにしようかと考えたが、以前頼んだクラフトマンと連絡がつながらない。仕方なく筆で直接板に書こうとしたが墨がはじいて乗らないので、油性のペイントで書いた。楷書はあまり得意でなく、字のバランスや流れが気にいらないが発注者が字は任せてくれてOKが出た。
IMAG0937.jpg
ムク板  |  0 trackback  |  0 comment |  edit

△page top

山の神(安全祈願祭) 

Posted on 18:02:24

今年も12月12日は「山神祭」。その前日を安全祈願祭としているが日曜と重なったのでさらに前日の12/10の土曜日、社員全員で山の神様に感謝し、冬山作業の無事を祈る行事だ。市来知神社の宮司に祝詞を上げて頂き、玉串を奉納し皆で手を合わせた。
祝詞IMG_2860
その後社長と安全指導担当から今年の林業での事故例の分析や今後の心構えなどの話をし、皆に折りやお神酒を渡して山神祭を締めくくった。
訓示IMG_2864
今日になって道北で12日の当日に伐採作業での死亡事故があったというニュースが入った。まさに山の神様の祟りがあったのではと思ってしまう。長年林業に携わる者から見ると、その日に作業することは考えられないのだが、今の科学の世の中でも「迷信だから」とかたづけられない事例になってしまった。
安全指導IMG_2867
年末まであと約2週間。事故無く皆が良い正月を迎えてくれるよう祈っている。
行事  |  0 trackback  |  0 comment |  edit

△page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。